トップページ  > 確定申告

くりっく365で確定申告が必要な方

一般的なサラリーマンの方の場合、年末調整によって所得税額が確定し、納税も自動的に完了するので、基本的に確定申告を行う必要はありません。

しかし、くりっく365は雑所得に区分されるため、もし取引で一定の利益をあげていた場合、サラリーマンでも確定申告を行う必要があります。

ただ、年末調整を受けた方で、給与所得および退職所得以外の所得が20万円以下の場合など、一定の条件に当てはまる方は確定申告を省略することができます。

ちなみに、雑所得はくりっく365の利益以外にも、利子所得や配当所得、不動産所得などいろいろあるので、これら所得がある場合はくりっく365の利益と合算することになります。

くりっく365ならではの税制優遇

確定申告と言うと面倒なイメージがありますが、くりっく365の場合、確定申告を行うことで『損益通算』や『損失繰越』などのさまざまな優遇措置を受けることができます。

損益通算とは商品先物や証券先物取引との損益を差し引き計算することで、たとえばくりっく365で利益が出ていても、他の先物取引で損失が出ていた場合、両者を損益通算することで税金を節約することができます。

一方の損失繰越とは、その年に発生した損失分を、翌年以降3年にわたって発生した利益から控除できる制度です。

たとえば損益通算を行っても控除しきれない損失額が100万円発生した場合、翌年に30万円の利益を上げても、100万円の損失繰越があるため、まるまる30万円が控除されることになります。

ちなみに、店頭取引FXでは損益通算・損失繰越のどちらも非対応となっており、くりっく365限定の確定申告メリットとなっています。

確定申告に必要な書類

その年の確定申告は、原則として翌年の2月16日~3月15日の間に行う決まりとなっています。

確定申告に必要な書類はいくつかありますが、利益がある場合と、損失の繰越控除を受ける場合で内容が異なるので注意が必要です。

  1. 利益がある場合・・・申告書B第一表、申告書B第二表、申告書B第三表(分離課税用)、先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
  2. 損失の繰越控除を受ける場合・・・『利益がある場合』の書類に加え、平成○年分の所得税の申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)を添付

ちなみに、先物取引以外で所得額が赤字になる場合は、申告書Bと申告書第四表(損失申告用)を使用することになります。

各書類は最寄りの税務署に置いてあるほか、国税庁HPからカラープリンターで出力することもできるので、ぜひ活用してみましょう。

スター為替証券のくりっく365

取引ごとに抽選権獲得。総勢1000名様 にPC・人気家電など豪華景品が当る!
www.starkawase.jp

大和証券のくりっく365

総合証券会社ならではの豊富な品揃え!
www.daiwa.jp

GMOクリック証券のくりっく365

GMOクリック証券は、株式取引、信用取引、くりっく365の手数料業界最安値水準
www.click-sec.com/