トップページ  > デメリット

くりっく365のデメリット

くりっく365は一般的な店頭取引FXに比べ、スワップポイントや税金面などで優遇を受けています。

しかし、その反面、くりっく365ならではのデメリットもいくつか存在しています。

ここではくりっく365のデメリットを紹介します。

1.手数料がかかる

くりっく365を含むFXでは、取引の際、一定の手数料がかかります。

ただ、近年の店頭取引FX業者は手数料を無料に設定しているところが多く、有料のところでも格安価格となっています。

一方、くりっく365は安全な取引を行うための資金として、取引手数料をやや高めに徴収しています。

また、スプレッド幅も若干広くなっているため、取引コストについてはやや不利と言えます。

2.システムが使いにくい

くりっく365は店頭取引FXに比べてまだ歴史が浅いため、取引ツールの種類・機能ともにやや劣る傾向にあります。

そのため、店頭取引FXから移行してきたトレーダーの場合、操作性の悪さを感じたり、機能の不完全さに戸惑う可能性があります。

3.取引通貨ペアが少ない

くりっく365の取扱通貨ペアは対円取引で15通貨ペア、クロスカレンシー取引で11通貨ペアと、全部で26種類に渡っています。

7通貨ペアしかなかった以前に比べると種類もだんだん増えてきましたが、30~100種類ほどの通貨ペアを取り扱う店頭取引FXに比べるとまだまだ少ない水準にあります。

3.注文方法の制限

店頭取引FXの場合、複数のポジションを持っていても決済するポジションを指定することができます。

しかし、くりっく365ではポジションを保有した日時が古い順から決済されるため、自分で自由にポジションを指定することができません。

また、指値注文を行った際、ある一定の値幅内でしか発注できないところもデメリットとなっています。

スター為替証券のくりっく365

取引ごとに抽選権獲得。総勢1000名様 にPC・人気家電など豪華景品が当る!
www.starkawase.jp

大和証券のくりっく365

総合証券会社ならではの豊富な品揃え!
www.daiwa.jp

GMOクリック証券のくりっく365

GMOクリック証券は、株式取引、信用取引、くりっく365の手数料業界最安値水準
www.click-sec.com/